あにまりあの徒然日記Tetra(4th Season)

2004 10 11 12
2005 10 11 12
2006 10 11 12
2007 10 11 12
2008 10 11 12
2009 10 11 12
2010 10 11 12
2011 10 11 12
2012 10 11 12
2013 10 11 12
2014 10 11 12
2015 10 11 12
2016 10 11 12
2017 10 11  

戻る

ここは管理人あにまりあがその日起こったことで特筆すべきことや掲示板とは別のしゃべり場(独り言ですが)として設けたものです。
毎日更新を目指しますができない日もあるかもしれませんのでご容赦ください。
2000年のHP開設当時にあった「管理人日記」と同じようなものです。
(といっても何書いたか記録が無いから分からないんですが・・)

Attention:各キャラクターごとにフォントが分かれています(2009年1月以降)。それらのフォントはダウンロードして入れるものです(初期設定では入っていない)。登場人物紹介の最後にダウンロードサイトがあるので、気が向けばダウンロードして入れてみてください。違った味が出るかもしれません。ちなみに入れなくても不都合はありません(あにまりあとルナの記述の違いはフォントを入れないと分かり辛いかも?)。


登場人物(2017年現在)

あにまりあ(39):普段のこの日記の執筆者であると同時にWEBサイトの作者であり、「あにまりあの雑記帳」管理人。
日常の心境やあったことを「徒然なるままに」(と言うよりは思い付きで)記述。通常は「あにまりあ」が徒然日記を記述している。
自分のことは、穏やかな性格だと思っている。話すより聞くのが好きだというが実際は結構お喋りな一面もある。
話し言葉に擬音が多く、身振り手振りも多いというが自覚は皆無。
天然ボケと周囲から思われているがその評価には不満があるらしい。
お酒を飲むとよく笑い、よく喋るという性格にキャラが変わる。
最近、小旅行が好きになった。
2007年9月から記述フォントが変わる。記述フォントは「みかちゃん-P」。
(http://www001.upp.so-net.ne.jp/mikachan/)

ルナ(?):あにまりあと対を成す存在で、精神世界の「陰」の存在。以前、破壊の感情に囚われ肉体の破壊行為を行ったが「あにまりあ」の介入で破壊に失敗した。
その後、2009年頃破壊の感情を引き離し、「自己」を取り戻した。
もともとは「あにまりあ」が羽目を外し過ぎないように監視する役割だったという。
今は「陰」の世界で破壊の感情が力を持たないようにコントロールをしているが、本当は古い時代の「あにまりあ」の性格の残骸ではないかとも考えられている。
語る言葉は大概哲学的で読みやすさについては考えていない。
しかし、最近、自分の世界よりさらに深い所に破壊の衝動があることに気がつき、自分の存在意義に疑問を持つようになった。
年齢に関しては、時の流れがこの現実世界とは違うらしく、測定できないので不詳。
月末に現れることが多い。
人間が嫌いというが、寂しがり屋ではないかとも思われる節もある。
(http://www.vector.co.jp/soft/dl/data/writing/se337659.html)

アイラ(34):2007年に占い館を開き、その時の奇縁で「あにまりあ」との付き合いが始まる。
過去に何かあったのか昔の話は一切出てこない。
ただ、後述の「ミナ」とは幼馴染らしい。「ミナ」を妹のように可愛がっており、年齢が同じなのに「ミナちゃん」と呼んでいる。
今ではタロット占いを生業にしていて、多くのお客を抱えている。お酒は飲めない。
記述フォントは「あずきフォント」。
(http://key.milkcafe.to/azuki/font/azuki.html)

ミナ(34):「アイラ」と同じくタロット占いを生業にしている占い師であるが2010年に「ルナ」を催眠術で呼び出し、呼び出す言葉を呪文として刻んだことから催眠術師と言霊使いとしての顔も持つ。
「アイラ」と同郷と思われるが2人がどのように出会ったのかは不明。ただ、占い館を開く前、各地で占い、呪術の類を学んだようで先の催眠術や言霊使いの能力はその辺りで会得したと思われる。「アイラ」を姉のように思っているらしく、「アイラ」の事は名前をそのまま呼ぶ。
カニアレルギーを持ち、お酒を飲むと泣き上戸にキャラチェンジする。
単独行動時のみ、フォントが変わり「あんずもじ 奏(かなで)」になる。
http://www8.plala.or.jp/p_dolce/)

今井ラナ(?):2004年4月からの「あにまりあ」のホームページアシスタント兼編集者。コンピュータに詳しく、WEBサイトの諸設定などをこなす。このWEBサイトの陰の管理者。
2011年1月にそれまでの業績評価として「あにまりあ」の秘書に昇格した。
お酒を飲むと性格が激変し、べらんめぇ口調で相手を圧倒し、喧嘩腰になるが、最近それは影を潜めた。本人曰く「お酒の飲み方を少しは学んだ」とのこと。
2008年に「あにまりあ」とお見合いしたが、その時酒乱癖が出て見事に破談。それ以来実家と距離を置いていたが和解した。
登場当初、自分の存在は「あにまりあ」のアナグラムだと言っていたが実際はちゃんとした「個」を持つ存在なのでアナグラム発言は照れ隠しだったのではないかと思われる。
自分のブログを持ち、そこに日々の事や「あにまりあ」の様子などを書いていたがプログラムの脆弱性を付かれ、改ざんされるという事件を引き起こして以来ブログは止めてしまった。「ネタがない」ことも止めた理由らしい。
年齢に関しては一応伏せてあるが実際は「あにまりあ」より少しだけ年上である。
記述フォントは「きろ字」。
(http://www.ez0.net/distribution/font/kiloji/)
誕生日は9月30日。毎月15日が当番回。

天野初音(?):2004年4月まで「あにまりあ」のアシスタントを務めた女性・・というが実際は「あにまりあ」の従姉妹。かつて掲示板に「シスターアグネス」という名前で登場していた時期がある。
「今井ラナ」の前任者だが、会社では同期だったらしい。
2004年4月寿退職。それにより、「あにまりあ」の担当が「今井ラナ」に変わった。
「あにまりあ」や「今井ラナ」とは時々連絡を取り合っている模様。
2008年10月8日の8周年記念祭に特別ゲストとして登場。
多分一番のレアな登場人物。それ故現段階では彼女特有の記述フォントは設定されていない。
そのとぼけた性格で、お酒に酔った状態の「今井ラナ」に唯一突っ込みが出来る人物。誕生日は1月13日。

ティナ・バートン(?):「今井ラナ」が作ったキャラクター。異世界の王様と言う設定。
彼女の世界についてはこれから彼女の口を通して語られるであろう。
最近、王様業が退屈だとぼやき、周囲をはらはらさせている。
2013年11月から毎月20日が当番回。
記述フォントは「HGP創英プレゼンスEB」。


おまけ:「あくあふぉんと」→「あにまりあ」、「アイラ」、「ミナ」、「今井ラナ」の4人でお喋りをする
ときのみ使用されるフォント。4人が一堂に会することはそう多くないので、このフォントの登場回数はそう多くないと予想される。
(http://www.vector.co.jp/soft/dl/data/writing/se244261.html)