あにまりあの徒然日記Tetra(2018・10月)
10月1日(月) 「幸い」

台風は夜の間に過ぎて行った。
寝る前に風雨が少し強めだったがこの前の台風に比べると、ずっとおとなしかった。
そんなわけで我が家は被害ゼロだった。
でも、かなりびくびくしてたんですよ。
10月2日(火)  「季節が過ぎるということ」

もう、秋だ。
金木犀もそろそろ咲き出すだろう。
何だか最近季節、いや1年が過ぎるのがどんどん早くなってきた。
これは、私もそれなりに年を食ったということもあると思うけど、正直戸惑いの方が大きい。
脳内の時間と外界の時間経過にずれが発生していて、外界の(要するに現実の)時間の方が早く経過しているからだ。
例えば・・
今年、私は蟻研に行かなかった。今年は岐阜だったという。
しかし、脳内では昨年の秋田での蟻研の記憶がそれを補っている。
だから、脳内では蟻研は秋田で先々月にあったという風に勝手に変換されている(勿論現実世界はそんなことは起こっていない)。
記憶って実に都合よく書き換えられてしまうんだなぁと思ったりする。 
10月3日(水) 「夢の人」

私の知り合いには不幸にも亡くなった方もいる。
そんな人が、たまに夢に出てくることがある。
当たり前かもしれないが、夢に出てくる死んだ人は年を全く取っていない。
起きて、それを認識するととても不思議な気分になる。
・・・とは言うものの、先日の大学のサークルの友達から言わせたら私も昔と全く変わっていないらしい。
案外、私もそういう不思議なカテゴリーに近い存在なのかもしれない。 
10月4日(木) 「週末」

久々にこの週末は天気が良いらしい。
そこで生駒を歩きたいと思っている。
自然を歩きたいと思うだけでわくわくするなんて、やっぱり私は自然の中を歩くのが好きなんだなぁと思ったりする。
10月5日(金)  「何だか、疲れた。」

今週は、睡眠不足気味だった。
仕事が忙しいわけではなく、単純に眠れなかっただけ。
そのために、今日は午後にはヘロヘロになってしまった。
1日眠らないのは何ともないのだが、数時間の睡眠不足が積み重なって行くのがこれだけ辛いとは少なくともこういう症状が出る前には思わなかった。
4年位前に戻ってくれないかなぁ。 
10月6日(土)  「小さな一歩」

とある用事で山に出かけなかった。
時間的にはとても短い時間だったのだが、私なりに何か小さな一歩を考える日だった。
ただ、言えることはとても疲れたということ。
暑さとも相まって疲労感をさらに増すことになってしまった。 
10月7日(日)  「劇薬」

最近、疲れていたのでニンニクでスタミナを付けようと思った。
そこで、ボリュームのあるラーメンでニンニクを増量して貰った。
私は、基本的にラーメンのスープは飲む人間だ。
しかし、無理だった。
麺と具を食べるだけで精一杯。
ニンニクの利いたラーメンは今日の私には劇薬過ぎて帰宅後にベッドで横になるという醜態を晒してしまうことになった。 
10月8日(月)  「18周年記念日!」

アイラ:18年なんですね、ここ。
ラナ:そうなんだよ。何だかんだで18年になったらしい。
ミナ:「らしい」って・・・
ラナ:だって、最初の頃私はここにいなかったんですもの。
アイラ:不思議な気持ちになりますね。
ミナ:18年前って、まだ20世紀何ですよね・・。
アイラ:その言い方をしたらすごく時間が経った気がするわよ、ミナちゃん・・。
ラナ:その発想は無かったわね。言われてみたら確かに、ね。
初音:そこに初音さん登場っと!
ラナ:相変わらず、唐突ね。
初音:あら?驚かないの?
ラナ:貴女の性格を考えたら何となく今日に出てきそうな気はしていたの。
初音:あら、つまんない。
アイラ:お久しぶりですね、初音さん。
ミナ:ご、ご無沙汰です・・。
初音:はい、ご無沙汰ですね。お二方ともお元気そうね。
アイラ:まぁ、それなりに。
ミナ:げ、元気ですよ・・。
初音:ミナさんは相変わらず人見知りなのね。
アイラ:これでも大分ましになったんですよ。ここに出てきた最初の頃は、もっと酷かったんですから。
初音:ところで、あにまりあさんは?
ラナ:それが、まだ来ていないんだよ。18周年って忘れてるんですかねぇ?記念日とかは結構覚えている人なのに・・。
初音:ここを読む限り、最近あにまりあさんはあまり調子が良くなさそうだけど、どうなの?
ラナ:睡眠不足なのか年なのか実際よく疲れたと言うようになったわね。
初音:何か病気なの?
ラナ:いや、特にそう言うことは無いんだけどね。健康診断でも中性脂肪が低すぎて引っかかってる以外は特に・・。
初音:世間の人は中性脂肪をいかに減らすかって苦労してるのに、あにまりあさんは逆なんですか? とことん逆を行く人ですねぇ。
ラナ:それって以前あにまりあさんと一緒にいた初音ならよく知ってるじゃない。
初音:確かにね。
アイラ:でも、18年ですか。ここを作った時に生まれた子がもう成人してる年ですね。
初音:そうねぇ。私の子供も大きくなって・・、ってこういう話題はナシにしましょう。
ラナ:私たちに気を遣ってるの?
初音:い、いや、そんなことないわよ。単なる気まぐれ発言だから・・
あにまりあ:いやいや、今年も出遅れました。
ラナ:何だかここ毎年出遅れてるわね。
あにまりあ:う、確かに・・。
初音:最近、調子が良くないようですが大丈夫なんですか?
あにまりあ:眠れたら元気なんですけどねぇ。こう不眠症が続くと活力そのものが消えかけて☝・・。
ラナ:ここ暫くずっとこんな調子なのよ。
アイラ:一度お医者さんに行った方が良いのではないかと・・。
あにまりあ:薬は飲んでるんですが、今一つで・・。
初音:ねぇ、本当に大丈夫?
あにまりあ:大丈夫でしょう。多分・・。
初音:多分ってねぇ・・。
アイラ:あにまりあさんらしい表現ですね。
ミナ:あにまりあさんは、もっと、自分に気を遣った方が良いと思いますよ・・。
ラナ:ほら、ミナちゃんもこんなこと言ってるのよ。
あにまりあ:う・・・。
初音:何だか心配ね。
ラナ:取りあえず、これでもヤる?
アイラ:あら、お酒ですか?まぁ、記念日にお酒はつきものですからね。
初音:今日はとことん付き合うわよ。
ミナ:覚悟して下さいです・・・。
あにまりあ:ち、ちょっと!う、うぐぐ・・(ゴクゴク・・・・)

ラナ&アイラ&ミナ&初音:今年はこんなところで終わりますね。また、お会いしましょう!
あにまりあ:こ、これからもよろしくです、ぐ、ぐぉっ・・(ゴクゴク・・・)
10月9日(火) 「おお!」

昨夜、久々に来たのだ。
超絶睡眠不足モード!
寝たのが10時半頃。目が覚めたのがその日の11時50分頃。
そこから・・眠れない。
どうも3時過ぎに30~40分ほどうとうとしたかもしれないが、はっきり寝たのは1時間半ほど。
眠気はない。
しかし、体が辛い。
食べるのもしんどい。
眠りって大切ですね。
って言うか、今晩眠れるのだろうか? 
10月10日(水) 「毎度だけど」

月曜が休みだと、曜日感覚がずれる。
今日は水曜日だが、感覚的に火曜日だ。
これは1日得したと考えるべきなのかもしれないが、このずれには未だに戸惑う。
と言うより、ずれない時って来るのだろうか。 
10月11日(木) 「日差しの色」

最近、日中の日差しを見ていると、秋になってきたなぁって思う。
夏場の強く白っぽい感じから少しオレンジが入った光の色に変わってきたと思う。
光の色はあくまでも私の主観だけどね。 
10月12日(金)  「何とか、たどり着いた」

今日は金曜日だ。
今週はあまり眠れておらず、週が後半になって来るにつれて気力だけで持たせているような感じがしていた。
だから、今日の終業時の嬉しさは少し大きかった。
この眠れないという症状、何だろうか。
どういう所に行けば良いのか、そこから分からない。 
10月13日(土)  「外出」

せっかくの休みなので自然観察に出かけた。
夏の暑さは消え失せ、爽快な感じが山を覆った。
私は昔からテーマパークとか繁華街とか賑やかな場所は苦手だ。
休日は山で虫や鳥の声を聴いて過ごすのが好きな人間だ。
だから、こういう静かな場所で自分の時間を持つと、とても気分が落ち着く。
人それぞれだとは思うけど、私はこういう過ごし方が好きだ。 
10月14日(日)  「眠りの日」

天気が良かったが、体の疲労感がきつかったので1日寝ていた。
ごろごろして、うとうとしていたら夕方には少し疲労感が回復した。
いかんなぁ、本当は出かけたいのに、精神的ジレンマが・・ 

戻る