あにまりあの徒然日記Penta(2021・6月)
6月1日(火) 「疲労した」

何か、心身ともに疲れた気がして帰宅してすぐに横になった。
健康状態に問題は無いと思う。
不眠状態が続いてリフレッシュできないだけなのだ。
寝たら治る、多分。
眠れたら、だけどね。
6月2日(水) 「良く分からない」

昨夜は結局いつ眠りに落ちたのか良く分からないまま寝てしまった。
これ、薬なしでも眠れるのではないだろうか。
しかし、万一眠れなかったら今の私の体力で回復できるかどうか不安しかない。
そんな訳で睡眠力に疑問を抱きつつ薬を飲んで今日も床に就くのだ。 
6月3日(木) 「雨。」

夕方から雨が降った。
夜に降ると思っていたが、少し早かった。
不思議なことに、この季節の雨は精神的に陰鬱にならない。
雨が降っても明るいからだろう。
土砂降りは足回りが濡れるので勘弁ですが・・・
6月4日(金) 「濡れた」

朝、出勤時に強めの雨が降った。
撥水性の雨用の靴を履いたがそれでも少し靴下が濡れた。
仕事前のこれはテンションが下がる。
幸い交換用靴下の予備があったので、事なきを得たが・・・
ヤダヤダ。 
6月5日(土)  「散歩」

淀川まで自転車で出かけた。
早い時間に出かけ、人の少ない所をなるだけ通るようにした。
久々の淀川は例年通りの風景だった。
水や草、橋を行き交う車や人。
ここは平時と何も変わらなさそうに思えた。 
6月6日(日)  「充実。」

大阪城にクロヤマアリの寄生バチ観察。
昨日と異なり、ハチが来ている。
産卵されたと思われる個体を採集。
数は少ないが、それなりに採集できた。
うん、この充足感は良いね。 
6月7日(月)  「時間がない。」

最近、アリに給餌したらもうこんな時間・・と言う展開が多い。
・・・時間が無いです。 
6月8日(火) 「夏服」

先週まで薄手の長袖を着ていたが、どうにも限界が来たようなので今週から夏服にした。
今はまだ朝は涼しいが昼は暑い。
しかし、湿度の高い暑さだと違い、からっとした暑さなので凌ぎやすい。
これで、マスクさえしなくて良い世の中ならもう少し外の世界を楽しめるのに・・ 
6月9日(水) 「暑い・・・」

カラッとした暑さだが、気温が高い。
時節柄、マスクをしているがまだ耐えられる。
これが梅雨明け辺りになるとマスクが蒸れて息が詰まり、外に出る気力そのものが無くなる。
昨年の夏はそれだったが、今年の夏はどうなるのだろうか。 
6月10日(木) 「明日と来週の金曜日」

午後から有休休暇を取った。
そんな訳で仕事は昼まで。
普段、朝仕事に行って夕方に帰宅するのを繰り返すだけの私には少し新鮮。
ま、アリとハチの観察のためですが・・ 
6月11日(金)  「地元の午後」

夕方、買い物に出かけた。
地元の平日の夕方を見てみた。
帰宅する小中学生、それなりに賑わう商店街やスーパーマーケット、仕事中の町工場。
普段は私が仕事をしている間、見られない風景がそこにあった。
それを見て、何だかほっこりしたものを感じた。 
6月12日(土)  「もうすぐ」

私はクロヤマアリとその寄生バチを追いかけている。
それももう2週間もしたらほぼ終わってしまう。
そういう意味では6月と言う1か月はあっという間。
仕事をリタイアして毎日観察に出かけていたらこんな風には思わないのかもしれない。
それでも、仕事もあるし、天気の加減で観察できない日々もある。
実際、観察できる日は少ない。
そう思う間に6月も半分が過ぎようとしている。
もうすぐ、1年で一番面白い6月が終わってしまう・・ 
6月13日(日) 「焼き海苔」

たまに、無性にこれが食べたくなる。
手巻き寿司用に売られている大きなものをバリバリと食べる。
味が云々と言うより、体が欲するのだ。
何か、焼き海苔に入っている成分で普段の食生活で不足しているものがあるのだろうか。
そう思いつつ、今日は焼き海苔を何枚も食べてしまうのだった。 

戻る