あにまりあの徒然日記Penta(2020・8月)
8月1日(土) 「静かな夏」

梅雨が明けたのは昨日。
今日は晴れて暑くなった。
しかし、夏の実感があまりない。
何故かと思い考えてみたら夏祭りの類がことごとく無くなっているからだ。
いつも、この時期はテレビや地元で祭りの話題が出ているが、今年はそれが皆無。
そんな訳で精神的に夏のない夏を味わうことになっているのだろう。
8月2日(日) 「腰が・・・」

寝ている姿勢が悪いのだろう、明け方いつも右の腰が痛くなってきて目が覚める。
要するに少し反り返った姿勢で寝ているようだ。
丸まるような姿勢で眠れれば少しはましになるかもしれないが・・・
睡眠時の姿勢って治るのだろうか。 
8月3日(月) 「夢」

土曜の朝からやけに夢が生々しい。
夢記憶システムは止めたのだが、記憶に残る。
あまりに生々しいので現実と間違いそうな・・・
疲れてるのかなぁ。 
8月4日(火) 「火傷」

夜、アリが小さな隙間から脱走した。
その修復をしたのだが、熱くなったグルーガンの先端に左の薬指が触れてしまった。
冷やして、その時はそれで終わったと思った。
しかし、しばらくしたらミミズ腫れ。
・・・ 
8月5日(水)  「本番」

いよいよ夏本番の気候になってきた。
晴れて暑い。
一昨年の熱波に比べると、これでも大分まし。
いわゆる「普通の夏」と言う感じだ。 
8月6日(木) 「ただれ」

火傷の跡の水ぶくれが潰れた。
そこが、日々の活動で何かと触る場所なので痛む。
絆創膏を貼ってもどうしても触ってしまうので傷が中々治らない。
そこで、まさにはれ物に触るように左手の薬指に気を遣う日々になっている。 
8月7日(金)  「久しぶりに」

半日だが、有給休暇を取ってみた。
帰宅後、買い物に出かけて暑さがましになる夕方に街を歩きたかった。
買い物に行ったが、夕方の散歩は行かなかった。
体が予想以上に疲れていることが分かったこと、そして外に出る時に着用するマスクが嫌だったからだ。
このマスク、予想以上に私の行動意欲を押し下げている。 
8月8日(土)  「早朝」

私の朝は早すぎるくらい早すぎるのだがこの時間は静かで色々考えを巡らせている。
本当はアリの世話も出来ればよいがエアコンのために容器がうっすら結露していたり、ガチャガチャするのも何だか・・と言う意味で静かにパソコンをしたりもしている。
朝時間は疲労感は問題だが、精神的な意味ではそこそこ悪くないとか思ったりしている。 
8月9日(日) 「閑散期」

野外観察の期間も一段落して、感染症の関係でどこにも出かける気にもならず休日は自宅で過ごしている。
図書館には時折出かけているが、この時期恒例のぶらり一人旅にも出かけないので休日が退屈。
アリだけでなく私自身も閑散期に入った気がする。
でも、今はこれで良いような気もする。 
8月10日(月) 「禁断の夢日記」

以前、夢日記を3日付けたことがあった(2016年末頃だったと思う)。
その時、夢日記は毎日つけると人によっては精神的に不安定になるという話を聞いて怖くなって3日坊主(本当に3日で止めた)になってしまった。
今朝、明け方あまりに面白い夢を見た。
目が覚めてすぐにパソコンを立ち上げて夢の内容を書き留めた。
内容は、2002~2003年に放送していた「満月(フルムーン)をさがして」と言うアニメの2次創作になるだろうというエピソードだった。
しかもご丁寧にちゃんと設定と年月の経過が合っている(夢の世界では最終回から4年後なので、現実世界と時の流れが同じなら2006~2007年辺りの話になる)。
面白かったので書き留めたが昼になって見返してみた。
・・・割と普通の話なんじゃないだろうか。
あの興奮は何だったのだろう。
1回の夢で興奮と思案の2粒を味わう面白い夢だった。
最近、あまり夢見が良くないのでそれを挽回してくれる夢だった。
本当は夢日記は禁止にしたのだけれど、没にするにはあまりに面白かったからね・・・書き留めちゃった。 
8月11日(火) 「遅れた酷暑」

例年、この時期になると秋の気配を感じ始める。
実際、雲は少し秋めいてきた。
しかし、ここ数日急に暑くなった。
今まではまだましな暑さだったが昨日は大阪でこの夏初めて35℃を超えたそうだ。
そこに加えてマスクだ。
これをすると、口元が蒸れて息がし辛い。
結局、それが嫌でどこにも出かけたくなるというスパイラルが出来てしまう。 
8月12日(水) 「最近の動向」

睡眠薬は、効きすぎる時(いわゆる「寝落ち」が近い表現かと思う)から効かない時まで幅がある。
しかし、一時のことを考えたら少しは眠れるようにはなっている。
それでも、脳に纏わりつく疲労感。
・・・何だこれ? 

戻る