2021年6月の観察日記

6月1日 一昨日、採集したクロヤマアリの働きアリが1匹死んでいた。
早すぎる気もするが湿らせたティッシュの上に腹部のみを置いて空気が籠らないようにして設置。
理想は1個体1箱なのだが、容量的に間に合うだろうか。
これで様子を見て行きたい。
と言うか、今月中にこういうプラスチックカップがどれほど増えるのだろう・・・
6月2日 クロヤマアリのオスアリの蛹。

果たして羽化まで漕ぎつけられるだろうか。
6月3日 ハヤシクロヤマアリのオスアリだが、残念ながらすべて働きアリに殺されてしまった。
何がきっかけでそういう事態になったのか良く分からない。
餌はふんだんに与えていたはずだし、羽化して暫くは働きアリも親和的だった。
それなのに、今日には全て殺されてゴミ捨て場に死骸を晒すことになってしまった。
羽化したオスアリが空を飛ぶことは無いが、標本用に1匹は餌場には出てきて準備運動・・と言う事には持って行きたかった。
残念だ。 
6月4日 クロヤマアリのオスの撮影に再挑戦。

うーん、この飼育容器はどうも撮影が難しいのかも、と思い始めた。
6月5日  淀川にトビシワの観察に行った。

写真はこれだけ。
生きているメスアリを1匹見たが撮影準備している間にどこかに消えてしまった。
昨日、激しく雨が降ったので今朝飛んだ個体の死骸と思う。
オスアリは見かけなかった。
大阪城のクロヤマアリも見てみたが、予想以上に気温が低くアリも寄生バチもいなかったので早々に撤収した。 
6月6日  大阪城にクロヤマアリの寄生バチの観察に出かけた。
到着してすぐにアリを集めた。
そのうち2か所で寄生バチがやって来た。
2か所だが、来ていたハチは恐らく同一個体。
ホバリングをして、たまにアリに産卵する。
そんなアリを採集して帰宅。
採集したアリは10匹もいなかった。
昨年に比べるとハチが少ないように思う。
観察時間の最後に一瞬ハチが2匹になった時間もあったが、何だか気になる。 
6月7日 先週日曜日にハチに寄生されたクロヤマアリが残り1匹を除いて瀕死だ。
体を丸めてぴくぴく痙攣している。
今朝はそんな症状のアリはいなかったし、容器内が特段乾燥していたわけでもなさそうだ。
これには見覚えがある。
昨年、寄生されたアリを解剖したとき、育った幼虫が入っていたアリはこんな動きをしたのだ。
ひょっとしたら、体内でハチの幼虫がほぼ育って生命維持に大切な所を食べたからではないだろうか。
そう思い、腹部のみを切り取り、濡れたティッシュに1個体ずつ1箱の透明プラスチックケースに収容。
明日から、この腹部が乗ったティッシュに朝夕給水するという作業になる。
羽化、してくれるだろうか。 
6月8日 ハヤシクロヤマアリコロニーの餌場にメイプルを少し溜まりが出来るほどアルミカップの中に入れてみる。
しかし、12時間もせずに蜜は飲み干されてしまう。
今、一番活気のあるコロニーはまさにこれ。
オスがいなくなったのは残念だった。
オスアリ、一匹で良いから標本にしたかった・・・ 
6月9日  これは、昨年から飼育しているクサアリモドキ・・・ではなく、その前から飼育しているもう1つのクサアリモドキだ。

働きアリが減って、正直諦めかけていたがこまめな給餌をすることで幼虫が育ち始めた。
ホストのケアリはもういないが幼虫の色つやが良いと言う事は見ていて励みになる。 
6月10日 ぐおっ!
クロヤマアリのオスが羽化しているではないか!
撮影は今日出来なかったので、明日以降のお楽しみにしよう。
とうとう、大阪城クロヤマアリの働きアリ、オスアリ、メスアリの標本が手に入った! 
6月11日  大阪城にクロヤマアリの寄生バチ観察に出かけた。
しかし、アリを集めても一向にハチが来ない。
時期や気象条件は問題ないと思うのだが、何が悪いのだろうか。

肉に集まったクロヤマアリ。

その2。

その3。

ハチに関しては少し範囲を広げてアリを集めたが、ハチを見ることは無かった。
ハチがいなかったのは単なる偶然だと信じたい。
しかし、まるっきりボーズと言う訳でもなかった。
ハチが来るのを待っている間、トビイロケアリと思われるケアリの脱翅女王を1匹、別の場所でクロヤマアリの有翅女王を2匹採集した。 
さて、クロヤマアリはどうなるだろうか・・
6月12日 大阪城にクロヤマアリとその寄生バチの観察に出かけた。

到着してすぐにクロヤマアリを集めた。
数か所で集めて暫くして、ハチが来たではないか!
2か所で2匹ほど産卵されたクロヤマアリを採集。
その後少し離れた場所で集まっているクロヤマアリを見ていると、やけに「やる気がある」ハチがいた。
見ていると、次々に卵を産んでいく。
無駄なホバリングが少なく、集まっているアリに2、3秒止まって産卵している。
私はそれを見てアリを採集していた。
結果、産卵されたクロヤマアリは20匹近くに達した。
実は、今日は昨日天気が良くてもハチが全くいなかったので撮影機材を所持していなかった。
そのため、産卵活動は一切撮影できていない。
採集に専念できたから、手元に寄生されたクロヤマアリが多く集まったので撮影を兼ねていたらこれよりも少なくなっただろう。
しかし・・・撮影もしたかった。
その後、公園内でクロヤマアリの有翅メスを採集。
撮影面では収穫皆無だったが採集面ではそれなりに良かったので、良しとしよう。 
6月13日  昨日、撮影が全くできなかったので撮影機材を持って出かけた。

肉片に集まったキイロシリアゲアリ。
クロヤマアリ用に置いた肉片に集まった。
勿論、ここまで集まるとクロヤマアリは手出しができない。

肉餌に来たクロヤマアリ。
今日はそれほど活性が高くないようだった。

トビシワ。
ストロボなしだとこれが限界みたい(持って行っていたが、ふとレンズだけだとどこまで行けるんだろうと思って撮影した)。

これは・・・触角先端に羽毛状の毛があるように見える。
果たして正体は・・?私には分からない。
一瞬、クロヤマアリの寄生バチにも思えたが・・?

一瞬現れたElasmosomaと思われるハチ。
クロヤマアリの周囲を一瞬ホバリングしたが、すぐどこかに消えてしまった。
結局、今日は産卵行動はおろかハチの姿自体見ることが少なかった。
そして、改めてストロボのありがたみを思い知った(マクロレンズのみでやってみたが、感度を最高値に上げて荒い画像にしてもこのレベルだった)。

戻る