2021年5月の観察日記

5月1日 ヨツボシオオアリに繭が出来た。

小さな繭だが手ごたえを感じるなぁ。
5月2日 ハヤシクロヤマアリ。

大きな幼虫。育ったが、今一つ変化があまりない。

これは恐らく働きアリになると思われる小さな幼虫。
大きな幼虫は女王から離れた部屋で育てられ、小さな幼虫は女王のそばに¥で育てられているのが興味深い。 
5月3日  クロオオアリの卵。

働きアリが卵の塊を世話している。産卵数はそれほど多くは無い。

働きアリが加える卵の小さな塊。 
5月4日 幾つか、タッパーで手狭になってきたアリの引っ越しを行った。
この作業、何気に気を遣う。
まず、脱走しないかと言う事。
そして移す際、容器の外にこぼれてしまったアリを回収すること。
そして巣に馴染むかを確認することだ。
この3つ目が意外と時間を食うので時間のある時しかできない・・・
今のところ、引っ越し組におかしな動きもなく石膏巣に馴染んだ様子。
うん、今は問題なさそう。 
5月5日  これはクロヤマアリの卵なのだが・・・

これは、オスアリの卵だ。
何故そう言い切れるのかと言うと、先月女王が死んだクロヤマアリコロニーで最近産まれた卵だからだ。
働きアリが産卵しているのだ。
これらが育てば女王、オス、働きアリが標本に出来る。
さて、どういう風にこのコロニーは推移していくのだろうか。
5月6日 粉末餌は最近ハヤシクロヤマアリとクサアリモドキにミールワームの合間に与えている。
ハヤシクロヤマアリは食べる量を食いちぎって巣内に運び込んでくれる。
だから、巣内に食べ残しがほぼ無い。
餌場に食べ残しは発生するのだけれど・・ 
5月7日  ハヤシクロヤマアリの大きな幼虫が蛹になった。

形から見てオスだろうか。
働きアリの幼虫が増えてきて働きアリ幼虫に混じって置かれるようになってきた。
5月8日 引っ越しさせたコロニーの一つ、ケアリ。

繭が多いコロニーだったが、石膏巣に上手くなじんだ様子。
働きアリも女王も居心地が良いようで動きがのんびりしている。 
5月9日 ケアリがミールワームを食べている図にした。

アリが餌を食べているのは見ていて楽しい。 
5月10日  ハヤシクロヤマアリとクサアリモドキには時々蜜で溶いた粉末肉餌を与えている。
いずれにも共通するのは、生き餌より受けが悪いこと。
お手軽だし、貯蔵できるので重宝するのだけれど・・・
何だかなぁ、と言う気持ちになる。
5月11日 昨年、大阪城で採集した「小型」クロヤマアリコロニーで繭が出来ている。

現在2個。
他は卵。この2匹に集中投資しているのだろうか。
働きアリは現在2匹。繭が羽化しても働きアリは4匹。
・・・せめて働きアリが10匹になればもう少し安定するのだが・・・ 
5月12日 ミールワームに肉餌を据えてしばらく経った。
やはり、ケアリは良い。
とにかく食べてくれる。
コロニーサイズが大きくなったハヤシクロヤマアリも悪くないが、ケアリの食い付きにはやや劣るかも。
粉末餌はアリが食べたいときに食べてくれる補助的肉餌としての位置づけになって来たかな・・?
5月13日  ハヤシクロヤマアリの羽アリの蛹は目に色が入った。

ちゃんと羽化まで漕ぎつけられるだろうか・・・

戻る