2021年4月の観察日記

4月1日 うーん、4月に入ったが、ハヤシクロヤマアリ以外では産卵が見られない。
クロヤマアリ系はもう産卵してもおかしくないが、ハヤシクロヤマ1コロニー以外は餌の食いこそ良くなっているが産卵開始と言う物には至っていない。
ミールワームを与えているが粉末餌より格段に食べてくれるのが嬉しくもあり、昨年の肉餌はどうだったんだろうと思う複雑な気持ちもあり・・ということになっている。
4月2日 クロヤマアリ、ハヤシクロヤマアリ、クロオオアリ、クサアリモドキは肉餌でやや優遇を受けている。どう言う所が優遇かと言うと脱皮したての柔らかいワームが与えられるのだ。
他は普通のミールワームを細かく刻んだものになっている。
全てのコロニーに春が来ればこんな給餌はせず、一律に表皮が硬いものを与えて行く。
特に数が多いハヤシクロヤマはこれでも少し体を切ってやると十分で巣に運び込む。どうも、まだ足りていないような・・
明日はもう少し与えてみよう。 
4月3日 ぐおっ!こ、これは・・・

卵だ!
昨年6月に大阪城で新女王を採集したクロヤマアリのコロニー。
働きアリが2匹しかいないので増えてほしい・・・
4月4日 今日、クロオオアリを見ていると・・・

これまた産卵が始まっていた。
これだけの数があると言う事は、昨日には数個卵があったはずだが気が付かなかった。
物陰に隠れていたのだろうか・・?
4月5日 アリたちの肉餌の食いが良い。
与えた分、食べてくれるのは見ていて気持ちが良い。
逆に言えば、この時期にスタートダッシュをかけられないと後が厳しいという側面もあったりするのだけどね・・・ 
4月6日  卵シリーズ。ぶれた写真になったが・・・

これを産んだのが・・・

ヨツボシオオアリの女王。昨年はあまり観察できなかったが、少なくとも今はチューブに入らずに容器の角にいるので撮影が出来た。
チューブに入らないのは不安要素なのだが産卵してくれているし、死亡するアリが増えた訳でもないのでこのまま行ってみたい。 
4月7日 クサアリモドキでも産卵が始まった。

産卵を確認したのは昨日だが、1日で卵塊が少し大きくなった。

女王アリ。いい感じに腹部が膨らんでいる。
4月8日 ミールワームを食べるハヤシクロヤマアリにした。

働きアリ。餌を与えると、わらわらと集まってくる。
見ていて気持ちが良い。 
4月9日  箕面のケアリも産卵している。

先日、タッパーから石膏巣に移した。
特に不具合は無いようだ。
4月10日 大阪城の小型クロヤマアリの女王が変だ。
腹部は膨らんでいるが、産卵しないうえ、今日見たら横たわっているではないか。
脚や触角は動いているので、このまま死なないことを祈るしかない。
折角コロニー化しにくい「小型」クロヤマアリが働きアリ50ほどまで増えてこれから・・と言う時期に・・・ 

戻る