2020年10月の観察日記

10月3日 これは6月に大阪城で採集した「小型」女王。
2匹採集して1匹は働きアリが2匹だけだが羽化した。
しかし、こちらはいつまで経っても働きアリが全く羽化しない。
そんな「ダメな女王」陛下の図だ。

給餌しているので栄養状態は悪くないと思う。
今も卵が少数見られるのだがとにかくそこから進展がない。
今年は、ダメなのだろうか。
10月8日 我が家のアリコロニーで一番勢いのあるハヤシクロヤマアリに登場願った。

女王アリ。腹部が小さくなったが健康そうで走り回っている。

比較対象が無いので分かり辛いが大型の働きアリ。
これを見るだけで、やり甲斐と言うか育ったなぁと言う気になる。

さて、今日ハヤシクロヤマアリにしたのは理由がある。
このHPの一番最初の観察日記はクロヤマアリの日記だった。
普通のクロヤマアリを取り上げようかと考えたが、勢いがあるしクロヤマアリの近縁種ということでこちらにした。
今日はこのHPがネットに出現して20年だ。
初心と言う意味でこれにした。 
10月10日 タッパーの蓋を見ると・・・

小さな穴が開いている。
昨年採集したシリアゲアリの働きアリが開けたのだ。
ウメマツオオアリの時もこれと同じことがあった。
グルーガンで塞いだが空気が微量に流れていたのか、塞いだところを執拗に齧ってその蓋自体を廃棄した。
今回はそれをもとにこの蓋は廃棄した。
今のところ齧ったり不審な様子はない。
樹上種の齧る力は侮れない。 
10月11日 昨日、雨が降って今日は気温が上がった。
典型的な飛行日和で昨年同様トフシアリやサクラアリが見られるだろうと大阪城に出かけた。
しかし、唖然とするほど何も見られなかった。
昨年までの経験からトフシアリとサクラアリは集中的に飛ぶのではないかと思ったりしているが、どうだろうか?
ついでに、6月頃に寄生バチが見られたクロヤマアリの巣口も訪れてみたが歩き回るアリの数が6月頃に比べると減っていて、寄生バチも見られずで結果的には見事な坊主になってしまった。
枚岡にするべきだったか・・・ 
10月18日 箕面のケアリの繭。

先月に取り上げたが、あれ以降成虫が盛んに羽化しているようには見えない。
1匹は羽化したが、それ以外はどうなのだろうか。 

戻る