2020年8月の観察日記

8月1日 先週、引っ越しさせたクサアリモドキなのだが、よく見たらケアリの働きアリが少し脱走している。
本格的な脱走には至っていないが気が付いたらほんの数匹程度うろついている。
どうも他の働きアリたちはあまり気が付いていないようで脱走箇所に殺到するような現象は無い。
被害は少ないとはいえ、これはこれで容器の接着のどこが甘いのか見極めるのがややこしくなる。
容器と睨めっこして数時間、ようやく1匹の働きアリが容器の接着部の隙間から体をひねるように出てくるのを見つけた。
働きアリは回収、脱走原因になった箇所はすぐに塞いだ。
これ、休日だから出来たようなもので平日なら時間が無くてお手上げだった・・・
8月2日 近くの公園でクマゼミの死骸を拾った。
そこで、今一番個体数の多いハヤシクロヤマアリの餌場に放り込んでみた。

すぐにわらわらと集まった。
以前、ニイニイゼミの死骸を与えたことがあったがあれは大好評で体内を完全に食い尽くして外側の殻と羽しか残らなかった。
拾ったセミの死骸はメスだ。
オスより体内に肉が入っている。
アリたちにはごちそうになるだろう。
8月3日 先月採集したケアリ。

女王の腹部が大きいのはゼリーを給餌しているから。
繭も出来ているので羽化までもう少し。
体験的にケアリの女王は突然死のリスクが大きい気がする。
コロニーが立ち上がり、これから・・という時にお亡くなり。
だから、この状態でも少し不安。
8月4日 1日にクサアリモドキのケアリが脱走していたと書いた。
その時は小規模で済んだ。
しかし・・・昨夜、寝ようと思いふとクサアリモドキの容器を見ると脱走が見られた。
脱走箇所を特定して(これが大変だった)、塞いだ。
しかし、今朝出勤直前に見るとまだ少しうろついてる。
餌場を見るとケアリの働きアリが部屋にエアコンをつけていたのに暑さで死ぬ前のように走り回っていた。
取りあえず、アリの動きを抑えるために巣部屋の上に氷枕を置いて出勤した。
帰宅後、よーく眺めてみるとケアリの頭一つ分ほど接着が甘い部分があってそこから脱走していたようだ。
そこを塞いでようやく収まった・・・と思う。
休日ならじっくり眺められるが平日にこれがあると結構きつい・・・。 
8月5日 クロオオアリ。増え方はゆっくりだが着実。

一時期、巣内に放置されていたゴミは排出されて巣部屋内にごみは無くなった。
何があったのかと言うと先のクロヤマアリのごみの時と同じで巣部屋内をやや乾燥気味にした。
そうすることで生えかけていたカビが無くなり、ゴミが乾燥して働きアリが外に出しやすくなったと考えられた。
この辺り、巣部屋内にゴミをためがちなアシナガアリとは少し違う気がする。 
8月6日  大阪城のオオズアリにした。

これは、後に採集した女王でまだ産んだ子が幼虫のまま。
しかし、特に問題なさそうに推移しているので、今月末には働きアリが羽化しそうだ。
8月7日  6月に大阪城で採集した「小型」クロヤマアリ。
2匹女王を飼育しているが、1匹でようやく働きアリが生まれた。

羽化直後に撮影できなかったので、働きアリの色が濃くなっているが体は華奢そのもの。
しかし、「大型」女王は1か月もしないうちに数匹の働きアリを羽化させるのに、「小型」は2か月近く経ってようやく1匹。
・・・本当に同種なんだろうか? 
8月8日  昨日、職場近くでヤブキリと思われるキリギリス系の死骸を見つけて拾った。
そして餌場に放り込んだ。

結構好評。
先週のクマゼミは意外と群がった後、体内に食い入ることなく放置されてしまった。
ニイニイゼミの時はあれほど好評だったのに・・・ 
8月9日 クサアリモドキに入れているケアリの脱走がどうも止まらない。
朝から接着が甘い部分を見つけては塞いだが、朝作業終了してお昼にふと見たら今までと同じくらい脱走している。
・・・どこから脱走しているのだろう。
以前、同じ容器でクサアリモドキを入れた時はこんな問題は全くなかった。
それが却ってこの問題をややこしくしている。 
8月10日 クサアリモドキのケアリの脱走がようやく収まったっぽい。
もし、このまま収まれば原因は「餌場のパウダーが薄くなってそこから散発的に脱走された」と言う物凄く初歩的なミスになってしまう。
巣内や餌場のアリの様子も凄く落ち着いた。
・・・何だかなぁ・・・と言う気持ちになった。 
8月11日 今年採集したケアリ。

繭が出来ている。この安定感、クロヤマアリも見習ってほしい・・・・

女王。給餌しているので腹部が大きい。
8月12日 アシナガアリは良い感じになってきた。

幼虫たち。例年通りで行くと、来月初めに働きアリが羽化してくれそうだ。

女王アリ。ゼリーを給餌し、温度が高くなり過ぎないように気を付けて飼育している。
 

戻る