2019年4月の観察日記

4月1日 寒い日であった。
そのためにアリたちの活性も低く、あまり見栄えがしない。
これが過ぎれば暖かくなる予報なので、寒気が抜けるまで変化が無いのかなぁと思ったりもする。
4月2日 アメイロケアリにコオロギを与えると集まってきた。

巣内に運び込み場合と、餌場でエキス?を吸って餌場でコオロギが干からびる場合の2通りがある。
女王はまだ産卵していない。
4月3日  クロヤマアリコロニーでまた1つ産卵を確認した。
これで産卵を確認していないのは、昨年生駒で採集したハヤシクロヤマアリだけになった。
このコロニーが産卵開始してくれれば本格的な春到来と言える。
しかし、ここ数日寒いのに産卵を始めた現状。
どういうメカニズムなんだろう。 
4月4日 アリたちの動きに特に変わり映えはない。
クロヤマアリ、ヤマヨツボシオオアリ以降の産卵開始はまだ見られない。
ここ数日、寒い日が続いたのも影響しているのかも。
寒さのためか、産卵しているクロヤマアリもコオロギの食いにムラがある。
食べる日もあれば完全放置の日もある。
お腹がいっぱいなのか、それとも・・
様子見だ。 
4月5日 オオアリ系はヤマヨツボシオオアリで産卵を確認した以外は産卵を確認していない。
まだ、今日が4月5日なので焦ることもないかな、と思う。
しかし、これで全種類が産卵を開始したら肉餌の消費は恐ろしいことになる。
5月下旬くらいまで毎年そんな感じ。
7月に入ると産卵ペースが落ちてくるものもいるのだが春先は凄い。
しかし、やりがいがある時期でもある。
4月6日  アリたちに餌を与えているが、まだ産卵開始しているものが少なく取り立てて見るものが無い状況。
また、寒い日もあったので給餌頻度もまちまち。
コオロギを与えても巣内に持ち込んで数日齧っているものは新しく与えても見向きもされないことがあるので食べつくすのを見てから与える。
今のところ、コオロギを食べないものはケブカツヤオオアリくらい。
・・・ケブカ・・難しいぞ・・・
4月7日  温度が上がったので猪名川へ。
気温が高いが湿度が低いためだろう、クロナガアリは全く見かけなかった。
そこで、枝折に変更。
ゲットしたのがこれ。

後ろの幼虫にピントが合っちゃったがルリアリだ。

女王もいる。
と言うか、タッパーに落とし込んだ時真っ先に落ちたのがこの女王。
久々のルリアリの女王に「おっ!」と声が出てしまった。
それほど大きなコロニーではなく働きアリは30ほど。
他にもう1つシベリアカタアリコロニーも1つゲットしたのだった。 
4月8日 ルリアリの女王を今一度撮影に挑戦した。

全体像。

腹部を拡大。
撮影はしていないが卵も数個確認できた。 
4月9日 久々に、「ぐぉっ!」と声をあげたくなったのが、これ。

女王が、死んでいる。
働きアリが心配そうに小突くのは他の種でも見られる「いつもの」光景。
このコロニーは、2012年夏に石を捲った時に女王がいて採集したもの。
・・・合掌。
4月10日 雨が降って肌寒い日であった。
部屋の窓を閉め切っていたので、外気温ほど部屋の温度は下がらなかったのだが餌場に入るアリたちはまばらで新しく産卵を開始したものもなく、静かな1日だった。
春先に、こういう日はあるがやっぱり動きが無いと退屈だ。 
4月11日 アシナガアリの女王が良い感じである。

お腹が大きい。

働きアリと幼虫。
写っていないが、卵も3、4個確認できた。 
4月12日 アメイロケアリはまだ産卵を開始しない。
女王の腹部が肥大化しているわけでもない。
この種は産卵を始めると一気に産む印象があるが、どうなるのやら・・。
綺麗なアリなので増えてほしいと思うけど、女王の突然死と言う問題にいつもびくびくしている。 
4月13日 関西集会の日。
メンバーは私、kuroyagiさん、サマルスキーさんの3名であった。
気温が低めで、クロナガアリは厳しいかと思っていたが、結局その通りでクロナガアリは飛ばなかった。
結局、枝折り。
昨年の雨で河川状況が変わったのか、場所によってはアリが殆どいない所もあった。
満遍なく、何かいたはずなんだけど・・。
それでも、シベリアカタアリ、ヒメアリの女王がいるコロニーとウメマツオオアリのサテライトコロニーが出た。
シベリアカタアリコロニーを1つ、頂いて後はサマルスキーさんにお持ち帰り頂いた。
今年は暖冬だったので、飛行も早いと思ったが3、4月の低温で飛行が抑えられているように思えた。
それにしても、アリの殆どいない区画はテントウムシくらいしか他の昆虫を見かけなかった。
少し気がかりでもあった。 
4月14日  ムネアカオオアリの卵。

産卵を始めたのは1コロニーだけだが、いよいよ春が来たと思わされる。 
4月15日 ルリアリ。
肉食性が強いと言われている。
そう思い、コオロギを与えてみたがあまり集まらない。
食べているのかすら微妙。
産卵はしているが、心配になってきた。
餌を与えて集まらないのは心配の種だ。
4月16日 クサアリモドキは最近女王を見ていない。
カートンの下にいるとは思うのだが、生存を確認できていない。
クサアリモドキは昨年夏に管理不足で大幅に数を減らしてしまい、危機的状況。
幸い、餌の食いは悪くないので持ち直してほしいのだが、女王を確認したい・・ 
4月17日 おや?

卵だ!
クロオオアリでも、産卵を確認できた。

女王。腹部はそれほど肥大化していないが、産卵してくれているということは健康なのだろう。
4月18日 ぐぬぬ・・・
シベリアカタアリが少し脱走している。
猪名川で2コロニー採集したが、恐らく脱走しているのは1つと特定はしている。
なぜわかるかと言うと、巣部屋の上の空気穴にフェロモンを嗅ぎ取っているのだろう、集まっているのだ。
しかし、脱走経路が分からない。
分かればすぐに塞げるのに・・。
アリと私の根競べが始まった。

戻る