2019年3月の観察日記

3月10日 クロヤマアリのコロニーを見ると、あることに気が付いた。

おや?これは・・・

卵だ!
クロヤマは他にも幾つかコロニーがいるが、このコロニーだけ産卵開始で他はまだ何もない状態。
しかし、産卵が始まったということは他のコロニーでもこれから続々と産卵が始まるだろう。
今年も春がやって来たなぁ。
3月11日 昨日、クロヤマアリの産卵を取り上げた。
今日も見てみたが、このコロニー以外に産卵を開始したコロニーはない。
しかし、1コロニーとは言え産卵開始が確認できたので他のクロヤマアリも産卵開始するのは時間の問題だろう。
昨日、コオロギを与えてみた。
これまたコロニーごとに差があり、巣部屋に持ち込んでせっついているものもあれば餌場に放置しているものもあり、コロニーごとの差を感じる。 
3月12日 一昨年、長野で採集したハヤシクロヤマアリ。
このコロニーでも数個卵を確認した。
この前の日曜日に多めにコオロギを購入して放り込んですぐに産卵。
いいタイミングで肉餌を与えられたのではないかと思っている。
これで、産卵開始コロニーは2つ目だ。 
3月13日 11日に産卵を確認したクロヤマアリの女王。
コオロギを与えてから腹部が肥大化している。

肥大化と言ってもケアリやクサアリ系のように無茶な肥大化はしない。
これが最大級に膨らんでいると思われる。
こういう姿を見ていると、癒される・・。 
3月14日 クロヤマアリ、まだ産卵していないコロニーが2つある。
ハヤシクロヤマアリも1コロニーがまだ産卵開始していない。
しかし、いずれもコオロギを運び込んで熱心に齧っているのを見ると、産卵開始に備えてタンパク質を摂っていると思われる。
気温のアップダウンの大きな時期で寒い日は餌場に出てくるアリもいない。
ゼリーはそういう意味でまだそれほど与えていない。 
3月15日 クロヤマアリコロニーの様子は昨日と殆ど一緒。
産卵を開始していないコロニーではまだ卵が無く、産卵しているコロニーでも一気に卵が増えることは無い。
この時期、一番最初に動きがあるのはクロヤマアリである。
毎年思うけど、活動開始するの、早いね。 
3月16日 クロヤマアリのまだ産卵を開始していないコロニーの女王。

ご覧のように腹部が小さい。
働きアリが数匹の零細コロニーだが、13日に紹介した肥大化した腹部の女王のコロニーより2匹だけ働きアリは多い。
それでも、この差。
ちゃんと餌、食べてるのかなぁ。 
3月17日  キイロシリアゲアリに給餌をしたら・・

中々凄いことになった。
ゼリーの上にコオロギが乗っかってしまったが、この分だと2、3日もあれば食い尽くしてしまうのだろう。 
3月18日 13日に紹介したクロヤマアリコロニーの働きアリ。

卵を咥えている働きアリ。
働きアリ自身にピントを合わせてみた。 

戻る