2018年10月の観察日記

10月7日 久々に枚岡に出かけた。昨日、午前に雨が降ったと言うので今日はアツいかと思ったのだ。
駅前の自販機にハリブトの女王がいた。これは飛んだのかと思って山に入る。

昨年見かけたトフシも見かけず、ダメかと思っていたら動くものが。見てみたらトゲアリではないか!今年は、ちょっと思う所があって採集した。

最初、ウバタマムシかと思ったがよく見たら何かのコメツキムシっぽい。

木の上から何か落ちてきた。見てみたら、珍しい褐色型のハラビロカマキリだった。

石をめくるとトビシワっぽいのが出た。女王は見当たらなかった。
女王がいたらムネボソかトビシワか分かった気がする。
多分トビシワだと思うけど、何か違うような気もした。

オオママキリもいた。腹部はそれほど大きくなかった。

また、トゲアリが見つかった。しかも立て続けに2匹。

公園事務所付近でまたハリブトが。
脱翅メスはいなかった。

さて、トゲアリを見つけたところで思う所があってと書いた。
それは、このトゲアリをミカドに寄生させたらどういうことが起こるんだろうかということだ。
どの本を見ても「ミカドも寄主となる可能性がある」という微妙な書き方しかしていない。そこでこれを実験しかった。
といっても、今ミカドコロニーはいない。
サテライトを見つける必要があった。
枚岡のフィールドでアクセスしやすいところで竹が放置されているところに心当たりがあった。そこを訪れると竹は殆ど無かったがごく僅か地上に埋もれかけた竹があった。折ってみると、ミカドのサテライトが出た。
といっても、規模は小さく働きアリが20ほどだ。
取りあえず、回収して帰宅後に死んだミカド働きアリと同居。
うーん、匂い付け行動が見られないぞ・・。
貴重なトゲアリ3匹。
どうなって行くのだろうか。
10月9日 ミカドと同居させたトゲアリ。

この女王は3匹のうち一番良さそうなもの。
撮影のために攪乱してしまったがミカドの働きアリにずっと覆いかぶさっていた。
他2匹はそのような行動は無く、付かず離れず。寒くなってミカドの働きアリが大人しくなるまでの長期戦も覚悟している。 
10月13日 枚岡に出かけた。
狙いは、トゲアリのホストになるミカドオオアリだ。
実は、先週枚岡に出かけた時、コロニー採集を想定しておらず収容する容器が無かった。
そこで枝を折って出てきたミカドを吸虫管で吸っていた。
今日はコロニー採集用のタッパーを持って行ったので準備万全。
先週、出したコロニーは小規模なサテライトだったが新女王がいた。
ということは、その周囲にサテライトがあることが予想できていた。
めぼしい枝を折ると、一本目からごちゃっと。

小さな画像になってしまっているが、「ごちゃっ」感を味わっていただきたかった。
中央の白い皿に昆虫ゼリーを盛って与えた。
満腹状態にした方が攻撃性は低くなると考えたからだ。
これで、少しずつトゲアリに入れて行きたい。
今のところ、トゲアリ女王は3匹とも元気。
果たして、うまく行くかどうか・・。

戻る