2018年4月の観察日記

4月1日 アズマオオズアリにしてみた。

前蛹や蛹がちらほら。
まだこの時期なのに、成長が早い。
卵も少しずつ増えている。
昨年のミールワームよりは明らかに状態が良さそう。
4月2日 季節外れの高温が続いている。
そんなわけで、クロナガアリの火を切った。
週末にはまた少し冷え込むらしいが、この状態だと暑くなりすぎるとしか思えないからだ。
この文章を書くと、毎年春が来たなぁと思ったりする。
4月3日 ケアリも産卵が始まった。

卵が見られる。
女王の腹部は肥大化していないがこれもコオロギが合っているようだ。
コオロギは細かな粉末が出るのが気に食わないが、こっちかなぁ。 
4月4日 卵だ。

白っぽい美しい卵。これを産んだのは・・。

ヒゲナガケアリと思われる昨年秋に採集したケアリ。
卵は今のところ2個。
他の人の飼育記録を見ると、ヒゲナガケアリは産卵数はそれほど多くないようだ。
果たして、これはどうなって行くんだろうか。 
4月5日 アメイロケアリの産卵は、まだ始まっていない。
そこで、昨年の記録を見返してみると4月14日に産卵を確認したと書いてあった。
まだ、1週間ほどある。
アリの女王は産卵しないなぁと思っていたらその後死ぬこともあるので、産卵開始までは気を抜けない。
現時点でアメイロアリ以外で産卵を確認できていないのは、クロオオアリとクサアリモドキである。
早く卵を見たい・・。
4月6日 クロヤマアリの女王。

これは、大阪城の「小型」女王だ。
腹部は大きい。

産卵も見られる。
まだ、このコロニーではこれだけだが小さなコオロギは巣内に運び込んで齧っている様子が見られるので、まぁ順調かもしれない。
あとはこの卵が早く孵化してくれたら良い。
4月7日  猪名川にクロナガアリの下見に行こうと思っていたが、風が強く気温も低い。
どう考えても飛ぶような気象条件でもなく、枚岡散策も気温が低いので止めてしまった。
明日も、今日と同じくらいしか気温が上がらない模様。
今年は、クロナガ観察できるかな・・。 
4月8日  クサアリモドキの働きアリ。

ゼリーを舐めている。
産卵はまだ確認していない。
4月9日 何となく、アメイロケアリ。

産卵は、まだ。
画像では分かり辛いが腹部も大きくなっていない。 
4月10日 ケアリがコオロギに集まっているところ。

頭部の硬いところは残すが腹部の中身はすぐに食い尽くしてしまう。 
4月11日 クサアリモドキはお腹が少し膨らんできている。
しかし、アメイロケアリは腹部が膨らんでいないし、産卵も見られていない。
過去に、産卵時期が来ても産卵せず、そのまま死んだ女王アリを何匹も見てきた。
まさか・・とは思うが、まずは1個、最初の卵を見たい。
そうしたらこの心配が杞憂であると言えるのだけれど・・。 
4月12日 アズマオオズにした。

幼虫は成長している。卵塊も少しずつだが増えている。

女王。腹部が大きくなっているように思える。
働きアリの数が少ないためか産卵数は劇的に増えてはいない。
4月13日 今年のアリの肉餌はコオロギメインにしようとは何度か書いた気がする。
ミールワームは受けが良くなかった種が多かったように思えたからだ。
今のところ、食べてくれないという症状で私を悩ませてくれているクロヤマアリも食べてくれているので、当面はこれかなぁ。
コオロギは共食いしなければ、なお良いんだけどね・・。 
4月14日  猪名川に出かけた。
何気に今年初フィールドだ。

歩き始めてすぐに見つけたのが、これ。
木曜日は雨の後晴れて気温もそれなりと言う「良い天気」だったのでそこで飛んだのかもしれない。あるいは昨日か・・。
メスアリはこの1匹だけが唯一のクロナガアリとの遭遇だった。

巣口は開いている。
この奥に一瞬だったがオスアリが横切ったので羽アリはまだ残っているようだ。
と言うより、死骸の少なさを見る限り、まだまだ残っていそうな気配すらした。

1時頃、クロナガアリのオスアリが1匹だけ葉っぱに止まっているのを見た。
しかし、気象条件を見るに(既にこの時間は曇って来ていて冷たい風が吹き始めていた)今日飛び立ったものなのかは微妙だった。

しばらく様子は見たが、上述の通り天気が悪くなるばかりでクロナガアリは諦めて少し枝を折ってみた。
コヌカアリとシベリアカタアリのコロニーが出た。
2種とも女王がいたので持ち帰ることにした。
コヌカアリとシベリアカタアリはまた後日落ち着いてから画像を載せたい。 
4月15日  ヤマヨツボシオオアリの女王が産卵しているところに遭遇した。

こういう瞬間は飼育していないと観察できない。
使い古された言葉かもしれないが、生命の神秘を感じる。 
4月16日 アメイロケアリで、待望の卵を数個確認できた。

まだ数個で女王の腹部はそれほど肥大化していない。
それでも、産卵してくれたということが何よりの励みになりそうだ。 
4月17日 クサアリモドキがコオロギを巣内に運び込んだ。

大きなコオロギは何故か餌場に放置だったのだがこのサイズのは運び込んでくれた。
とにかく、食べてくれないと始まらない。
4月18日 長野で採集したハヤシクロヤマアリ。
1匹だけ大きな幼虫がいた。

こんな育った幼虫を見るのは嬉しい。大きな幼虫は今のところ、この1匹だけ。

卵がこれだけある。巣内の石膏に黒カビのような模様があるがアリが増えてきたら大丈夫と見ている。
4月19日 今日、クロオオアリで数個だけだが産卵を確認できた。
卵自体はすぐに物陰に隠されて見えなくなってしまったが産卵開始は嬉しい知らせだ。
今のところ、コオロギの食いも良いので今年こそ増やしたい・・。 
4月20日  夕方、職場近くで動くものを見つけた。

クロオオアリではないか!
有翅メス、しかも周囲にはほかに羽アリが全く見当たらなかったのでフライング個体の可能性もある。
しかし、4月の20日と言う今までにない早い時期にクロオオアリを見たことにびっくりした。 

戻る