2018年8月の観察日記

8月1日 先日引っ越しさせた今年新女王を採集したクロヤマアリ。

比較的肉餌も食べてくれて、久々に安心できるクロヤマアリに出会えた気がする。
8月2日 クサアリモドキの繭。

繭部屋。
繭の数はそれほど多くない。
クサアリモドキはハニーワームが一番受けが良かった気がする。
実際、野外でもミミズや芋虫を運んでいるのを見かけるので芋虫系の餌が良いのかもしれない。
8月3日 毎年、この時期になると私を悩ませるものがある。
それは、結露で思うように撮影ができないということだ。
石膏巣に適宜給水はしないといけない。
暑い時期なので、乾燥死する危険が高いからだ。
そうすると、エアコンをつけるとうっすらと結露する。
撮影できない・・。と言うジレンマが発生している。
悩ましいなぁ。 
8月4日 先日、購入したプロゼリー。
クロヤマアリが食べているようで2日もすると無くなってしまう。
今までのゼリーはそういうことは無かった。
タンパク入りなので、少し期待している。 
8月5日  ミールワーム。
経済的に優良な餌なのだが、どうしても食べ残しが出てしまう。
殻が硬いからだ。
すると、段々と餌場に食べ残した殻が溜まる。
適当な時期に掃除しているが、こういう手間を考えるとハニーワームって良い餌だなぁと思ったりする。
アリの餌って結構奥が深い。
中々、これ!と思うものに遭遇できない・・。 
8月6日 暑い日だった。
日中、ふとアメイロアリの様子を見るとやけに働きアリが餌場に出てきて走り回っている。
危険な兆候だ。
すぐに氷枕を巣部屋の上に乗せた。
すると、餌場で狂走していたアリたちが氷枕の部屋に集まって、餌場の狂走は無くなった。最初、これを見た時は何が起こっているか全くわからなかったが(確か2004年のアシナガアリだったと思う)今ではこの症状を見て、対応できるようになった。
昼過ぎにエアコンをつけて以降、問題はない。 
8月7日 ケアリの女王。

この女王は2011年に採集したものだ。
6年飼育しているが特に問題もなく元気に過ごしてくれている。 
8月8日 アメイロケアリとケアリ。

繭は沢山ある。
ケアリは少し減ったようでその分アメイロケアリに置き換わっているように見える。
黒い部分が少しずつオレンジに置き換わるのは見ていて楽しい。 
8月9日 ハニーワームが多く見られるようになった。
これで暫くは肉餌に困らない。
適当な数、確保して後はアリの餌にしようと思う。
ハニーワームは食べ残しがほぼ無いという点で大変重宝できる餌だ。
もっと、様々な成長段階を準備できたら、とは思うがその辺りはスペースの関係で難しい・・。 
8月10日 野外でクサアリを見ていると、芋虫系の餌をよく運び込んでいる。
そして、実際ハニーワームを与えると一番受けが良い。
ハニーワームは少なくともミールワームよりは断然食いつきが違うように見える。
ケアリは割と何でも良く食べてくれるのだが、クサアリモドキはハニーワームが一番良さそうと言うのが今の私の結論だ。
8月11日  この時期、氷枕を乗せてないクサアリモドキの巣部屋もエアコンをつけるとうっすらと結露する。
これを過信して餌場の飲み水を給水しないでいると、乾燥してしまって死亡を招いてしまう。
何だか、とても可笑しいというか変な感じだ。
8月12日 ゼリーの登場で最近登板機会が減ったメイプル。
実はメイプルの方が受けが良いのは知っている。
しかし、メイプルを与えるとゼリーの消費が減りそうで敢えて与えていない。
蜜餌系はメイプルはかなり有力なのだが、アリに味の比較をされてしまうと・・と思うとメイプルを躊躇してしまう。 
8月13日 久々にキイロシリアゲアリにしてみた。

オスアリが生まれている。

働きアリとオスアリ。
新女王は生産される気配がないし、創設女王達が淘汰されることもなく共存している。
キイロシリアゲアリは、コロニーが成熟してくると女王の間引きが起こり、単女王化するという話だが・・・?
8月14日 先月に1匹だけ採集しているアシナガアリ。

幼虫が育ってきた。

女王。このフォルム、良いですね。 
8月15日 ハニーワームの話。
ハニーワームはミールワームのように切る必要もなく、コオロギのように潰す必要もない。生きたまま餌場に放り込むとアリたちの狩猟本能を満足させられていると思う。
しかし、ハニーワームを飼っていると、たまに自分はアリを飼っているのか、ハニーワームを飼っているのか分からなくなることがあったりする・・。 
8月16日 今年の夏はここ数年に比べると暑くてたまらない日が少なかったような気がする。
だから、氷枕の出動日も少なかった。
氷枕をしなかったことによる悪影響は今のところ殆ど見られない。
アメイロケアリが少し狂走しかけた日があっただけで後は至って通常営業だった。
暑さって意外と見落とされがちな落とし穴だが、今年も上手く回避できているような気がする。
まだ夏は終わっていないので、油断するとあっさり壊滅しかねないけど・・。 

戻る